音楽教室 音楽 教室 くるめ 子供 幼児 ピアノ レッスン 子供音楽教室 宮の陣 50

子供たちが楽器を演奏する10の利点

peterson family foundation に書かれたエリカ・モンゴメリーさんの”子供たちが楽器を習う10のメリット”という記事です。

子供達が楽器によって癒されたり、能力が高められたりする理由が書かれています。
音楽療法は、
呼吸の改善
血圧の低下
心拍出量の改善
心拍数の低下
筋肉の緊張緩和
などの生理的変化を引き起こし、
痛みを軽減、
ストレスや不安を軽減、
するのに役立つそうです。

音楽療法はまた、ストレス、不安、うつ病などの精神的な課題も改善してくれるそうです。

楽器を習う、学ぶ、だけで子供たちは肉体的、精神的にも健康に良い影響を与えることが分かっています。

子供たちが楽器を演奏するのを勧める10の理由とは?

1.記憶力を向上させる

楽器を習うことで子供たちは記憶をより効果的に作り、記憶し、検索する方法を学ぶそうです。病院では、この効果が子供や10代の脳の働きを妨げず、痛みをそらすことがあるそうです。

2.忍耐力を教え、達成感を創造する

楽器を演奏することを学ぶには、多くの時間と忍耐と実践が必要です。音楽レッスンや音楽療法では、教師やセラピストが短期的、長期的目標を設定し、子供が目標に達すると達成感と誇りを感じるそうです。

3.調整を改善する

楽器を演奏するには、脳が高度なスピードで動作するため、楽譜を読むことは脳内で楽器を演奏するという物理的な動きに変換されます。楽器を演奏する人はそうでない人よりも手の調整が改善されているそうです。

4.数学のスキルを向上させる

楽器を弾くことは創造的な行為の様に思えるかもしれませんが、数学には多くの類似点があるそうです。音楽と数学は非常に絡み合っており、ビート、リズム、およびスケールを理解することによって子供は分け方を作り、分数を作り、パターンを認識する方法を学んでいるそうです。

5.読解力と理解力を向上させる

音楽を学び、演奏するには、常に読んで理解する必要があります。小児と青少年は、ページ上の楽譜を特定し、楽器で演奏する音符、そのキーの長さ、使用する指、その音の大きさを認識する必要があります。彼らはまた、ノートが短くて鮮明に演奏されるべきか、またはなめらかで次のノートに行くべきかを特定する必要があります。音楽を読んで理解することを学ぶことは、学校の授業で文学を読んで理解するのにも役に立つそうです。

6.責任を創造する

子供たちが定期的な器具のメンテナンスを続けることは彼らが責任を持つということです。大きくなるにつれ、楽器や器具を親ではなく自分でメンテナンスをしてゆくようになるそうです。

7.文化と歴史

音楽は文化と時代を反映しています。音楽ジャンル(例えばクラシック、コンテンポラリー、ロック、ジャズ、ブルース、フォーク等)によって、子供たちは音楽の起源や文化、歴史などに興味を示し、理解するそうです。

8.自己表現を育む

楽器を習う子供たちは、自分自身を表現する能力を学ぶそうです。

9.リスニングスキルを向上させる

楽器を弾くことにより、子供たちは慎重に聞くことを覚えるそうです。リズム、ピッチ、スピードを聞くという集中力は、音楽や人生のスキルを向上させるということです。

10.社会的スキルを向上させる

グループで音楽を奏でる時、子供たちは共同作業をする必要があり、他の子供と交流をするので、社会的なスキルを向上するそうです。

いかがだったでしょうか。
音楽は子供たちに私たちが創造する以上の影響を及ぼすのですね。小さい頃から楽器に触れる、音楽を学ぶことが大きくなった時に多方面で役に立つとは、驚きですが、分かる気がします。

特に、自己表現が出来るようになることや、自尊心を養えたり、自信を持てるようになることが子供にとって素敵なことだと思いました。

福岡県久留米市宮の陣駅すぐ横にある『山田音楽教室』では

子供達に40年以上音楽の楽しさを教え続けているベテランの講師がおります。

最初だからこそ、大切な子どもを間違いなく音楽に親しんでもらうために、適切な音楽教室をお選びいただくことをお勧め致します

山田音楽教室ウェブサイト(ホームページ)
ピアノ・フルート・幼児グループレッスン

0942-38-9277

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *