音楽教室 音楽 教室 くるめ 子供 幼児 ピアノ レッスン 子供音楽教室 宮の陣 65

お勧めピアノ教室 – 久留米市 『山田音楽教室』

子供にピアノを習わせる前の準備10項目☆

ピアノを始める前にこれらの項目を準備しておくだけで、子供たちがピアノを習う為の準備が整います。

1. ピアノを購入します。

ピアノのレッスンは教室で習ったことをお家で復習してたくさん練習しただけ上達しますので、まずはお家でもたくさん練習ができるようにピアノを用意しましょう。本当のピアノが理想ですが、隣近所の事を考えると電子ピアノはお手頃で人気です。しかし、音楽科やプロのピアニストを目指す場合はやはり電子ピアノとはタッチが違う、本物のピアノをお勧め致します。電子ピアノを選択する場合に大切なのはキーの感覚やピアノの音です。心配な場合はこれからピアノを習う教室の先生に相談してみてください。

2.ピアノはなるべくテレビのない、子供が練習に集中できそうな部屋に置きます。

子供たちがピアノを練習しない理由は、みんながテレビを見ている時にテレビを見たくなることだそうです。

3.本物のピアノをお持ちの場合は、調律をしておきましょう。

4.ピアノを習う前からピアノが家にあると子供にとってピアノを習い始めることに対する抵抗が少なくなりますし、ピアノへの興味が増します。

5.レッスンを始める前に、お子さんにピアノを弾いてもらいましょう

ピアノを弾いても壊すことはありません。子供は黒鍵や白鍵に慣れ、ピアノの音やピアノが奏でる音に楽しさを感じてくれます。こうした行為は子供に自信を持たせてくれます。

6.高さが調節可能な椅子/ピアノスツール/ピアノベンチを購入します。

正しい高さに 座ることは、ピアノの演奏を快適で楽なものにする大きな要因です。また、間違った  高さに座ると、ピアニストが美しい音を出すのを妨げることがあります。クッションは使わないでください – 子供がピアノをリラックスした状態で弾けるような椅子を用意します。

7.子供がピアノを通して興味を持ったことについて話をします。

子供がピアノに向かって何をするかを注意深く観察してみてください。どんな風にピアノを扱うでしょうか?数日間同じ音を出してみて次に進みますか?ピアノ全体を使って遊んでいますか?子供は音楽用語が分からなくても音に何かを感じます。

8.子供が右側と左側の違いを知っていることを確認してください。

子供が自分の右側で奏でられる音や左側で奏でる音を知ることはとても大切な空間です。

9.ドレミファソラシドを幼児クラスで習います。

幼児クラスでは、ピアノを本格的に習う前の準備をします。ピアノに親しみ、ドレミファソラシドという音階と音を楽しみながら習得してゆきます。

10.子供と一緒にたくさんピアノの事を話す。

子供がピアノのレッスンを始める前に、心の準備が出来る為に親が一緒に楽しそうにピアノの事を話して子供がピアノに興味を持ち自信を持てるようにしておくと、いざピアノ教室へ通い始めてもすんなりとピアノの前に座ることができます。


☆山田音楽教室

久留米で人気のお勧めのピアノ教室・フルート教室 『山田音楽教室』
https://doremikurume.com
0942-38-9277

どれみクラス – 幼児音楽クラス(ピアノ基礎グループレッスン)

ピアノ教室

フルート教室

#久留米ピアノ教室 #ピアノ教室久留米 #フルート教室 #久留米フルート教室
#子供ピアノ教室 #大人ピアノ教室 #山田音楽教室 #どれみくらす #音楽教室
#近くのピアノ教室 #宮の陣ピアノ教室 #ピアノ教室宮の陣

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *