音楽と人の脳

音楽と人

音楽を、単なる“”、“言語”でなく、『音楽』として認識しているの反応はまだ詳しくは解明されていないようですが、

現在分かっていることだけでも“音楽”と深く関係していることは分かっています

 

  • 音楽には感情を増幅させる働きがある。

  • 幼い頃から練習を始めた音楽家は、非音楽家とくらべて大脳の左右半球を結ぶ連絡路である「脳梁」の前部が大きい(Schlaugら、1995)。楽器の演奏に必要な両手の協調運動や、リズム・和音・情感・楽譜視覚刺激などといった様々な情報を左右の皮質の各部位で処理し、密接に左右連絡しあうことが関係している可能性がある。

  • 絶対音感
    聴いた音の音階、基準になる音との比較なしに、努力せずに識別できる能力のことで、9~12歳程度を超えると身に付けることができないといわれている。アジア系の人には絶対音感の持ち主が多いと言われているが正確なデータはなく、これが遺伝的、文化的要因のいずれによるのかも医学的な根拠は示されていない。また、絶対音感を持っている人と持っていない人では、音高を判断しているときに血流が増加する脳の部位が異なる。持っていない人では、音高を短期記憶として覚えることに関係する右前頭前野の活性が弱いのに対し、持っている人では記憶との照合をする背外側前頭前野活性が強かったという。また絶対音感保持者では側頭葉の左右非対称性(左>右)が強いという(Zattoreら、2003)

  • 音楽と数学の関係
    中世ヨーロッパで一般教養として体系化された「自由七科」では、音楽は数学的な学問の一つとして数えられている。また、子供に音楽の練習をさせると数学の成績が伸びたという報告(Rauscherら、1997)もあり、音楽と数学の関連性を示唆する。

 

 

 

 

 

 

参考文献 Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%A5%BD

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *